烏羽組寄合所

信長の野望Onlineで送る日々等を綴ったブログです

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士技能考察その1

今日の晩飯は鳥鍋でした
具を全部食べたあと、おじやを作ろうと思ってだしにご飯・卵・料理酒を混ぜてみました
実は作り方よく分かってないw
これだけだと味薄いと思ったので
醤油かけてみたら、あら不思議
マイルドで美味い!
ワンカップと一緒に美味しくいただきましたとさ(^^)


さてタイトルの通り、少し武士の技能でも考察しようかとw
参考にしてもらえれば幸いです(^^)

・一所懸命・極
消費気合:350
技能効果:敵全体の注意を、一定時間ひきつける。防御力上昇・大

武士の代表的技能その1
盾侍の一番の仕事はやはり「釣ること」ですからね~
防御力も上がるし、敵全体を釣れるのでいいことづくめだと思いますが
釣りたい敵を確実に釣れるとは限らない欠点もあります
兵法1の英明の法・四である程度確率は上げられるものの
それでも運に頼る部分は多いです
敵の数が多い場合や、青▲が欲しいとき
または釣らないといけない敵が複数いて、いつ釣りが消えるか分からないときなど
そういうタイミングが最も効率いいかと思われます

・心頭滅却
消費気合:920
技能効果:生命力へのダメージを気合へと変換する

武士の代表技能その2
生命ダメージを気合ダメージに変換する、耐久度3結界です
気合が0になった場合は、生命ダメージとしてそのまま受けます
結界の性能としては防御力の向上と生命回復状態と、なかなかに優秀です
しかし、問題も多々あります
まず気合ダメなのですが、あまり大きな攻撃や、阿修羅槍といった気合ダメのある攻撃を受けると
次の行動ができなくなるくらいに気合が削られてしまいます
また、忍者の結界破りを高確率で誘発するので、破られる上に麻痺…なんて厳しい状況に
陥ることがあります
それでも、武士の耐久力はこの技能と共にあると言って過言ではないので
積極的に使う技能の一つではあります
ただ、釣らないで滅ってのは、職業の必要性からあまり好きではないですけどねw

・名乗上げ
消費気合:180
技能効果:敵単体の注意を一定時間引きつける。成功すると自身に黄▲が付く

これは武士道技能ではないですが、釣り技能として上げておきます
単体釣りとしてはかなり優秀な技能で
消費気合の低さ、黄▲付与、釣り確率の高さ
どれを取っても一級品です
特に黄▲付与は、そのあとの釣り技能を有利にするだけでなく
釣った敵からのkpを誘発させながら、青▲を守ることができます
ボス級以外なら、これを使えばまず釣れますしね(^^)

・真剣勝負
消費気合:350
技能効果:敵単体の注意を一定時間引き付ける

名乗上げと同じく、単体釣り技能ですね
こちらは自身に何もつきませんが、釣り確率はかなり高いです
消費気合の高さも、滅の関係でネックになる場合がありますが
それでもボス級を釣りやすいこの技能は、重要な場面では必須技能となります
余談ですが、女性武士の真剣はちょっと可愛いですw

・先駆け
消費気合:無し
技能効果:戦闘開始時に、敵全体の標的度が上昇する

名乗上げ同様、これも兵法6の技能で武士道の特化技能ではありません
効果自体もNPC相手にしかないので、一見微妙なものですが…
実は今日の考察、これについて書きたかったから始めたんですよw

敵の標的度、いわゆるヘイトと呼ばれるものですが
ヘイトとは戦闘において、重要と思われる行動を取るキャラクターに
どんどん蓄積され、その蓄積に応じて狙われやすくなるというものです
主に、回復や極み、神職さんの技能なんかがヘイトを集めやすいようです
このヘイトを戦闘開始時、2ターンほど高い状態にすることができるのが、この技能の効果です
戦闘の開幕において、盾侍はほぼ一所一択になります
それは青▲を得るためと、開幕の安定を図るためです
しかしながら、上記したように一所は確実な釣りではありません
もちろん、開幕ではほとんどの攻撃が鍛冶さんの警護術でガードされるのですが
2種類ほど、守りきれないものがあります
それは、間接攻撃&瞬殺閃と単体術です
前者は守護を抜けてくる攻撃、後者は守護・警護で守れるものではありません
それらの問題を先駆けは、一所で釣れなかった敵に対して
これらの行動を意図的に自分に集めることが可能となります
まあ多少運もありますが(^^;
術はそれほど脅威でないにしろ、特に瞬殺閃は後衛に漏れると致命的なダメになりかねません
そういった意味と、盾としての意義を考えると
個人的には一所の補助的な技能としてオススメできるのではないかな?と思います

まあ…PCにはまったく意味ないのはお察しくださいw



とまあ、第一回目の考察でした
対NPCメインの考察になっていますので、PCと戦う時はまた違う戦術・技能が必要となります
まあ、攻略の参考にでもしてもらえればいいかなとw
それでは、また近いうちに第二段もやりますので、ここらへんで~
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://karasubagumi.blog77.fc2.com/tb.php/43-5fa72ca6

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。